金属加工を行えば、切粉やスラッジ(金属粉・サビ・油分などの沈殿物)が日々発生してしまいます。
これらは機械稼働中は切削油の中を漂っていますが、水より比重が重いため、やがてはタンクの底や隅に沈殿していきます。



  タンクの底には 
    切粉・スラッジがドッサリ!!

 久しぶりの清掃で、あまりの量に驚いたこと
 ありませんか?






堆積した切粉やスラッジは機械トラブルやバクテリア繁殖、切削油の劣化など様々な悪影響を引き起こします。また、タンクの清掃は切削油を抜き、機械を止めないといけない為、日々の清掃では手をかけられないというのが現状ではないでしょうか?




※沈んだ切粉や粘土状のスラッジ塊は、バクテリアが繁殖しやすく、悪臭や切削油劣化の原因となります。


  切削油の悪臭、機械の故障、製品の品質不要

  トラブル対応で多くの時間を費やし、機械の停止やムダな経費が発生していませんか?